人生は999ラウンド

アクセスカウンタ

zoom RSS [日本人の面子(めんつ)はどこに?」−沈黙は「服従」の証の世界観

<<   作成日時 : 2012/09/23 20:01   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 2 / コメント 0

中国の反日の報道を見ていて
感じることがある
次から次へと様々な所から
「中国事情に詳しい」方々が出てきて、
懇切丁寧に現在の中国の事情を説明してくれる

そしてそういった方々が
異口同音にいわれるのは、
中国というのは面子を
大切にする国だから
立てさせた方がいい

ということだ。

共産党が一党独裁した社会で、
国民に弱い所を見せられないので、
できるだけ他国に対して居丈高に出るのだから
そういう彼らの面子を潰さない方がいい
という話である

多くの人々がかの国の面子について語る
彼らには確かに、面子というものがあるだろう。

しかし、それならば、
日本人には面子はないのか?
なぜ、何もしていない日本人の面子よりも
暴力的な行為をして平然としている
かの国の面子を優先させなければならないのか?


彼らが尖閣諸島でやっていることは
まぎれもなく、他国家への侵略である。
言い換えれば、
日本人の誇りを汚す行為である

汚された日本人の誇りを
誰が守るのか?

そういう民族の誇りを汚して
平然としている国に対して
「秋には党大会が控えているから」
「国内には色々と事情があるから」
等とそちらの都合を配慮して
なぜ、日本人が相手の面子に
配慮しなければならないのか?

むしろ先方が、そういう問題を
抱えている時期であるならば、
逆に、こちらとしては外交上の好機と考えて、
攻勢を打って相手に様々な揺さぶりを
かけてしかるべきである

「敵を知り、己を知らば
百戦、危うからず」とは
かの国の箴言ではないか

先に小生は、史記の中で
秦と趙の国のエピソードを書いた

秦は、侵略した小国である、
趙との交渉の席上で
趙の恵文王に1曲、俗謡を歌わせて
辱めを与えた

しかし、これに対して間髪をいれず
趙の智謀ともいうべき藺相如(りんしょうじょ)が
秦の国王に歩み寄って
「あんたも1曲、歌え!」と恫喝して
秦の国王にとっくりを叩かせて
歌を歌わせた

なぜこのような何千年も前のエピソードが
語り継がれているのか?

小生の考えでは、
大国が小国に対して
居丈高な態度をとった場合には
これに対して黙することは、
相手に対して敗北を認めたことになる

大であろうと小であろうと
国と国という立場には変わらない


「「売り言葉」に「買い言葉」は大人気ない」
というのは、日本の国内の論理である

相手は日本よりもはるか遠い昔から
広大な土地で侵略したり、されたり、
国を興したり、滅ぼしたり
無数の民を虐殺したり、されたり
という激烈な民族間の抗争を繰返してきて
しかも、それが現時点においても
依然として終結していない
動乱の巣ともいうべきユーラシアの人達である


相手が
「日本の首相はこうしろ、ああしろ」とか
「日本のジャーナリズムはこういう風にしろ」
「この件については必ず報復してやる」
など
まるで自国の属国に対するような言動
あるいは宣戦布告と取られても仕方のない
恫喝的な発言をしてきた場合には
こちらも、たじろぐことなく
堂々とメデイアの前で反論しなければ
相手に見下される、あるいは
いくらでも付けいれられる

(ちなみに、野田首相にしろ玄葉外務大臣にしろ
何か問題が起きると
「外交ルートを通じて抗議している」
というコメントを連発するが、
「外交ルートを通じて抗議」することで
すべて収まるのなら、
首相も外務大臣もいらない


つまり

言い返さないということは
こちらには「誇り」も「面子」もなく
敗北を認めたという事の証明である

としてかの国に見下されるだけでなく
他国からも、気概がないと
見られてしまうということを
認識すべきであると考える


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
レイバン 店舗
[日本人の面子(めんつ)はどこに?」−沈黙は「服従」の証の世界観 人生は999ラウンド/ウェブリブログ ...続きを見る
レイバン 店舗
2013/07/05 17:08
プラダ メンズ
[日本人の面子(めんつ)はどこに?」−沈黙は「服従」の証の世界観 人生は999ラウンド/ウェブリブログ ...続きを見る
プラダ メンズ
2013/07/08 15:12

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
[日本人の面子(めんつ)はどこに?」−沈黙は「服従」の証の世界観 人生は999ラウンド/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる